FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.20

旬の食卓


4年ほど前まではアクセンツは茅ヶ崎の山奥でハーブの栽培をしていました。
自分たちが設計した庭にすぐ使えるラベンダーやローズマリーなどの大株に育った丈夫なハーブが欲しかったのです。
そして現在、そのすぐ近くでタケノコが採れます!
子供のころから、ちょっと癖のある春の山菜に目がありません。
今日もおいしく頂きました。
スポンサーサイト
Posted at 22:27 | 生活 |
2010.08.23

収穫 まめ

moblog_b79f0b2d.jpg庭でインゲンが採れました。
こちら かなりの量が毎日毎日採れます、20本位。

そうなると、レシピが尽きるのですよね…。
カサが減るわけでもなく、生食にも向いていないし。

ちんまりと白い花が咲いて、
いつのまにか実になってぶら下がっています!

病害虫なくお薦めの夏野菜です。レシピ募集。




Posted at 22:59 | 生活 |
2010.07.18

おべんとうの時間

obenntou.jpg
アクセンツのハーブ温室がまだ茅ヶ崎にあった6年ほど前、「お弁当」の取材を受けました。日本中のお弁当の写真を撮り続けている写真家&ライターの阿部了&直美ご夫妻からの思いがけない依頼。
お二人の夢は空を飛び、ANA機内誌「翼の王国」人気コラムとなり、写真集「おべんとうの時間」として出版され、このたびついに銀座で写真展集大成が実現とのこと、昨日はがきを頂きました。本当におめでとうございます。

私の得意料理はおにぎりです。ただのおにぎりですが、10年間毎日毎日よく作りました。これだけは胸を張れます。
大好きだった今はなき場所とひと、どんな顔でどんなふうに食べていたのか思い出を確かめに行ってきます。
Posted at 17:39 | 生活 |
2010.06.18

タコウィンナー

P1070012.jpgフェイジョアの花が今盛りですね。
ニュージーランド原産、NZ原産に多くユーカリやブラシノキと同じく「フトモモ科」です。
どうしてフトモモ科っていうんですか?とか、フトモモってこれですか?って指さされることがよくあるのですが、
そんなこたぁ知りませんよ。

幾年前の初夏のこと、
デイゴとフェイジョアの花を同時に見てはお弁当に常連のタコウィンナーによく似ている…と
お昼時に考えていたのですが、この度じっくり観察してみました。
タコウィンナーとは違いました…似て非なるものです。
フェイジョアの実の香りはパイナップルとバナナの中間とよく言われますが、そんな中間どこですか~?

Posted at 22:15 | 生活 |
2010.06.17

バジルのコツ

P1070013.jpg夏のイタリアンに重宝するハーブと言えばバジルでしょう。
誤解されること多いのですが原産はインドです、イタリアではありません。
つまり、熱帯アジアが故郷ですから、関東の蒸し暑い梅雨~夏が大好きです。
上手に育てるコツは3つ!!
1)植付はGW過ぎてから。(3月から苗が出回りますが早く植えると熱帯原産なので寒がります)
2)株の間は十分にあけましょう。(60㎝の白い標準プランターならば1株で十分、バケツくらいの大きさの鉢に一株、地植えならば1㎡に1株で十分です)
3)収穫と剪定を兼ねて育てましょう。(写真のようにてっぺんの葉を摘んで収穫します。するとてっぺんの節の両脇から芽が出てYの字型に枝数が増えこんもりと育ちます。こうすると花穂も防げます(花穂が上がると葉が固くなります)決して下葉からむしらないように。1株で高さ1m程度になり秋までたっぷり収穫出来ますよ。だんだん葉が固くなり、霜にあたると枯れますので、11月頃にバジルペーストにして保存がおすすめです。チャオ~♪
Posted at 16:32 | 生活 |
2010.06.16

人気の果樹

026.jpg
お引渡から二年経ったお庭、今年の初夏ついにブドウがなりはじめました。植付時は鉛筆の太さのたった50cmのごつごつした枝一本でしたが、二年経てばこの通り。ブドウの木陰が出来ました。
子供たちが集うデッキにかかるブドウのパーゴラ、光に透ける葉がきれいです。
なぜだか、アクセンツにお庭をご依頼頂くご家庭では「ブドウを植えたい!」というご希望が多いのです。
しかも、ブドウで自家製ワインを作りたいとか、自家製ビールはすでに楽しんでいるとか、燻製は日常茶飯事とか収穫レモンで自家製リモンチェロを作りたいとか、それはそれは壮大な(で無謀な…?)計画をおもちです。
芝生でBBQより3歩先を行ってますね。
ということで、植付から2.3年で収穫可能、もしかしたらワインも可能?お薦めしますブドウ。
ところで、自家製ワインは違法ですか?販売しなければいいのでしょうか?

Posted at 10:01 | 生活 |
2010.05.31

名前に惚れた

庭のクレマチスが咲きました。
「キリテカナワ」もちろん御想像の通り、
花も知らず名前に負けて植えました!

開花したらば、それはもう見事な大輪八重の濃紫、
完全ノックアウトです。

そういえば、いつもカーステレオは
キャスリンバトルとカラヤンのニューイヤー1987年版が大音量です。
かっこいいなぁしみじみ。
ワルツは真っ直ぐな海岸線に意外と合うと思うのです。

Posted at 15:48 | 生活 |
2010.05.25

初夏の味覚

urui_convert_20100525061939.jpg「うるい」です。つまりはオオバギボウシなのです、信州から届きました。造園材料としても日影の庭で大活躍、ガーデニング大国イギリスにも愛好家がたくさんいます。
しかし、食べられるとはきいていたものの食用は初めてです。気持ち的にはワケギと同じ?という主婦の直感を働かせて、さっと湯がいて酢味噌和えにしてみました。くせのないやわらかなぬめりとシャキシャキ感が絶妙です。
このうるい、「山菜の中では抜群のビタミンCかつ抵抗力を高める効果あり」とのこと。冬に滞留した身体の解毒を兼ねてこの時期に山菜を食べる日本の知恵はやはり侮れません。
さらに遮光して育てたまっ白でやわらかい「雪ウルイ」というものが山形県特産野菜として人気だそうです。
子供のころから癖のある山菜好きです。ウドとかフキとかミョウガとか。
Posted at 06:34 | 生活 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。