FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.27

リゾート

P1070039.jpg続いています すぐそこが海のお庭。
今回はどれくらい近いかを解説いたします。

手前レンガ積みが敷地内、一本道を挟みまして、すぐがもう南国リゾートです。
東京湾一望!ヤシの木が街路樹なんて、とってもリゾート気分。
もうすぐ海開き、きっと浮かれた人々がたくさん来るんだろうなぁ。
それを横目に仕事するのはつらいなぁ…。

レンガはお施主様が選んだこだわりの3:7の二色使い。
きっと園芸上手なお施主様のお気に入り植物が映えそうなレンガ花壇なのです。

しかし土も入らず植栽も入らないこの状態で完成と勘違いした道行く人々から
バーべキューですか?、暖炉ですか?(←外に?)、海望露天風呂ですか?など
質問というかクイズの的になっていたそうです。
スポンサーサイト
Posted at 00:21 | 施工風景 |
2010.06.26

DIYでガーデン

planm.jpg
前日の「がんばれDIY」のご相談の続き。

現地調査やご家族の庭への思い、DIYの腕前、持っている工具、進行計画等ヒアリングし
一度持って帰ります。すでに頭の中では構想があがっていますので、
図にするのはそう時間はかかりません。

シックな色彩の外壁に合うよう、落ち着いた大人の庭のパースを作成しました。
全体完成予想図と詳細図をご用意し再度お打合せ。
細かい工法などを伝えて無事終了。
あとは、ご家族で楽しみながらお庭作りをしていただければなによりです。
完成5年計画のDIY!!
こっそりのぞきに行くのが、今から楽しみです。(←プレッシャー)
Posted at 00:10 | 設計風景 |
2010.06.25

がんばれDIY

P1070053.jpg
アクセンツのスパルタは有名ですが…
今回とても素敵なご家族からご相談を頂きました。
海を望む高台、階段を上ると玄関、振り返ると遠くに海…なおうちにお住まいです。
育児と仕事をご夫妻で協力同時進行しながら、庭作りを全てDIYで頑張ろうと固い決意です。
ウッドフェンス木工は何とかなった、次は暖炉の薪置き場のコンクリートだ、かつ通路も必要だ、でも玄関前の階段もすっきりオシャレにしたい、石も貼りたい、レンガ積みたいね、ゲートつくってツルなんか絡めて、壺なんて置いて、夜はライトアップもいいね、あ、でもまだ表札もないねぇ・・・・・♪とめくるめく夢と妄想がはてしなくひろがるひろがる。
落ち付きましょう、ホームセンターで無駄な買い物はやめましょう、焦って手近なとこから着手するのは止しましょう、まずは庭全体のコンセプトを考えましょう!ということで、このたび設計のみのご提案をします。
★写真は当日打合せしながら描いたフリーハンドのイラストです。

Posted at 22:16 | 設計風景 |
2010.06.18

タコウィンナー

P1070012.jpgフェイジョアの花が今盛りですね。
ニュージーランド原産、NZ原産に多くユーカリやブラシノキと同じく「フトモモ科」です。
どうしてフトモモ科っていうんですか?とか、フトモモってこれですか?って指さされることがよくあるのですが、
そんなこたぁ知りませんよ。

幾年前の初夏のこと、
デイゴとフェイジョアの花を同時に見てはお弁当に常連のタコウィンナーによく似ている…と
お昼時に考えていたのですが、この度じっくり観察してみました。
タコウィンナーとは違いました…似て非なるものです。
フェイジョアの実の香りはパイナップルとバナナの中間とよく言われますが、そんな中間どこですか~?

Posted at 22:15 | 生活 |
2010.06.17

バジルのコツ

P1070013.jpg夏のイタリアンに重宝するハーブと言えばバジルでしょう。
誤解されること多いのですが原産はインドです、イタリアではありません。
つまり、熱帯アジアが故郷ですから、関東の蒸し暑い梅雨~夏が大好きです。
上手に育てるコツは3つ!!
1)植付はGW過ぎてから。(3月から苗が出回りますが早く植えると熱帯原産なので寒がります)
2)株の間は十分にあけましょう。(60㎝の白い標準プランターならば1株で十分、バケツくらいの大きさの鉢に一株、地植えならば1㎡に1株で十分です)
3)収穫と剪定を兼ねて育てましょう。(写真のようにてっぺんの葉を摘んで収穫します。するとてっぺんの節の両脇から芽が出てYの字型に枝数が増えこんもりと育ちます。こうすると花穂も防げます(花穂が上がると葉が固くなります)決して下葉からむしらないように。1株で高さ1m程度になり秋までたっぷり収穫出来ますよ。だんだん葉が固くなり、霜にあたると枯れますので、11月頃にバジルペーストにして保存がおすすめです。チャオ~♪
Posted at 16:32 | 生活 |
2010.06.16

人気の果樹

026.jpg
お引渡から二年経ったお庭、今年の初夏ついにブドウがなりはじめました。植付時は鉛筆の太さのたった50cmのごつごつした枝一本でしたが、二年経てばこの通り。ブドウの木陰が出来ました。
子供たちが集うデッキにかかるブドウのパーゴラ、光に透ける葉がきれいです。
なぜだか、アクセンツにお庭をご依頼頂くご家庭では「ブドウを植えたい!」というご希望が多いのです。
しかも、ブドウで自家製ワインを作りたいとか、自家製ビールはすでに楽しんでいるとか、燻製は日常茶飯事とか収穫レモンで自家製リモンチェロを作りたいとか、それはそれは壮大な(で無謀な…?)計画をおもちです。
芝生でBBQより3歩先を行ってますね。
ということで、植付から2.3年で収穫可能、もしかしたらワインも可能?お薦めしますブドウ。
ところで、自家製ワインは違法ですか?販売しなければいいのでしょうか?

Posted at 10:01 | 生活 |
2010.06.15

なかったことに

現場です。三浦海岸海水浴場目の前、すっかり南国な気持の庭です。
なんと築4年の玄関から毎年シロアリが発生し悩まされているそうです。
お庭のご相談を機に、解体し根本的に消毒することとなりました。

既存のタイルポーチを高圧ハンマーではつって、壊していきます。
結果、幸い白アリ被害は認められなかったので、本当に安心です。
でも万が一を考慮し、いい機会なので専門業者に消毒の手配を。

これから、ガーデンング上手なお施主様が存分に楽しめるよう、
ハワイの植物やバラが咲き乱れるお庭に、改修工事がはじまります。
Posted at 13:45 | 施工風景 |
2010.06.01

本図面

引き続き同じ現場の本設計です。
こうして、図面が出来上がっていくわけですが、
頭の中ではこの段階で設計は完成しています。

下書きの時点で、何枚も用紙を使い、消しゴムかすをチラばし
思考錯誤し、バーチャル自分もその庭を使っているかのように
俯瞰と蟻の目を行き来します。

それと、施工時点での起こりうる問題や設計で回避できる点などは
この時点で検討です。(それは例えば高低差の処理や、資材搬入の経路など)

これらが解決すればあとはマシンとなって
ひたすら、紙に落とすだけです。
立面図も同時に仕上がります。パースも頭の中で出来ているのを描くだけです。
Posted at 15:50 | 設計風景 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。