--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.31

名前に惚れた

庭のクレマチスが咲きました。
「キリテカナワ」もちろん御想像の通り、
花も知らず名前に負けて植えました!

開花したらば、それはもう見事な大輪八重の濃紫、
完全ノックアウトです。

そういえば、いつもカーステレオは
キャスリンバトルとカラヤンのニューイヤー1987年版が大音量です。
かっこいいなぁしみじみ。
ワルツは真っ直ぐな海岸線に意外と合うと思うのです。

Posted at 15:48 | 生活 |
2010.05.30

葉山味覚

海遊び達人の友人から なんと タコ 頂きました!
葉山蛸 高級珍味~!!

内臓を取り除いた状態で受け取ったのですが、
まだ生きている・・・・?この状態で動くんですよ!!
色も変わるし、吸盤が吸い付いてくる~!!
これを、大量の塩でもむこと10分、非常によく泡立ちます。不思議です。
そして塩を洗い流し、ぶつ切りにしてご飯と一緒に炊くだけ!

色も鮮やか、磯の香り満載の「タコ飯」の完成です。
タコだけでなんていい味が出るのでしょう、不思議不思議です。 
ご馳走様でした。
ちなみに葉山の岩場を網で獲ってるそうです、幼児連れで(笑)
Posted at 15:47 | 葉山風景 |
2010.05.28

設計の秘密

現地調査からおこした白図があがりました。
その上にトレーシングペーパーを置いて設計を進めていきます。
この方法は、20年前の建築学部で勉強している時から変わりません、ずっとこのやりかたです。

CADをいじった頃もありましたが、結局この方法に落ち着きました。

直線的な建物物より庭という有機物は、より手描きにしっくりくること、
設計中は 図面の中歩いている気分ですので、CADではだめなんですね。

方眼トレぺは必需品です。
これさえあればどこでも設計、喫茶店でも乗り物でも。
Posted at 15:24 | 設計風景 |
2010.05.27

現地調査

現地調査5/27
アクセンツは庭の設計事務所なので、基本的には現場での打ち合わせとなります。
たまに 直接葉山へいらっしゃる方もいて「今近くです!お店どこですか?」とご連絡いただくので恐縮です。
店舗ではありませんので、まずはご連絡ください。

そして、現場へ伺いお話をお聞きし、状況を拝見し、実測などをして一度持って帰ります。
そこから、いわゆるガーデンデザイン業務が始まります。
今日の業務日報はこちら。
実測した図面を、正確な縮尺で白図面に落とし込んでいます。

文具マニアな私、このペンは独自に改良してます。
Posted at 06:56 | 設計風景 |
2010.05.26

業務日報

仕事してます
ふと今迄のブログを見返すと、なんだか食べ物の話と葉山の自然の話ばかりでした…。

お庭のご相談いただいている方々がきっとこれでは心配しているに違いない。
あの設計者大丈夫か?仕事してるのか…?と。

仕事(も)してます、大丈夫です、こんな感じです。

今後は、「今日の図面」を載せようかと思います。

Posted at 21:39 | 設計風景 |
2010.05.25

初夏の味覚

urui_convert_20100525061939.jpg「うるい」です。つまりはオオバギボウシなのです、信州から届きました。造園材料としても日影の庭で大活躍、ガーデニング大国イギリスにも愛好家がたくさんいます。
しかし、食べられるとはきいていたものの食用は初めてです。気持ち的にはワケギと同じ?という主婦の直感を働かせて、さっと湯がいて酢味噌和えにしてみました。くせのないやわらかなぬめりとシャキシャキ感が絶妙です。
このうるい、「山菜の中では抜群のビタミンCかつ抵抗力を高める効果あり」とのこと。冬に滞留した身体の解毒を兼ねてこの時期に山菜を食べる日本の知恵はやはり侮れません。
さらに遮光して育てたまっ白でやわらかい「雪ウルイ」というものが山形県特産野菜として人気だそうです。
子供のころから癖のある山菜好きです。ウドとかフキとかミョウガとか。
Posted at 06:34 | 生活 |
2010.05.23

ラジオ出演

201005221622000.jpgどきどきのビーチFMラジオ出演が無事に終了いたしました。DJ江刺家愛さんは、キラキラ太陽の優しさと気配りの素敵な湘南女性でした。そして何より原稿整理やミキサー作業や はては何も分からない私への応対まで曲の合間に全て滞りなく進むという それは見事な千手観音のいるラジオ局のスタジオでした。
録音された声は、自分の声ではないような違和感と下手なしゃべりの気恥ずかしさなので聴けませんが、二歳児がラジオの声を識別していたそうなので 多分いつものままなんですね…。とほほです。
内容は…終わった途端に忘れました。カメラも忘れました~!だからこんな写真しかありません。せっかく最初で最後の興味津津のラジオスタジオ見学だったのに。(←すっかり傍観者気分)
今だから言いますが実は、原稿や待ち合わせ場所の書類一式全てを出掛けにあわてて玄関に忘れ、放送10分前に気付いたくらいですから…。
こうしてとにかくラジオ出演は無事終わりました。
皆様ご心配おかけしました。
Posted at 04:12 | 掲載 |
2010.05.19

石材搬入

P1060501_convert_20100523061059_20100523061222.jpgP1060493_convert_20100523060914.jpg
根府川石を貼ります。
とても風合いの良い自然石です。
輸入石材が20mm程の厚さが多いのに比べ、
この小田原付近産出の根府川石は厚さが50~80mmあります。
仕上がった時の重厚感は格別ですが、とにかく重い…。
ですから、空を飛ばして据え付けていきます。
Posted at 06:58 | 施工風景 |
2010.05.18

庭で収穫 3

P1060812.jpgイチゴに続き、サヤインゲンが採れました。
そもそも、2月にまいた種を鳥に食べられ全滅…。気を取り直して、播き直すもまたも食べられ…を繰り返すうちにすっかり出遅れました。よその畑ではもうサヤインゲン収穫の最盛期だというのに。

これでは ただのスイトピーの花として観賞して終わるのではないかとシャンボリしていました。(スイトピーとサヤインゲンは別物です)
ようやくやっと 子供の片手に余るほどささやかながら 収穫となりました。

反省は多々あるので、来年に生かしてまた頑張ろう。まずはサヤインゲン抜いて、土をつくって、ゴーヤを植えよう!

Posted at 04:56 | 葉山風景 |
2010.05.16

ワカメ落ちていた

P1060816.jpg海の近くで生まれ暮らしながら、マリンスポーツしないどころか泳げない私ですが、このたび海遊びに詳しい友人にくっついて、葉山の海へ行ってみました。
歩いて行ける(しかも御用邸も見える)葉山の海の岩場ではなんとこの時期ワカメの収穫ができるのですね~!
海沿い134号線をみると まるで洗濯を干すかのようにワカメを干しているのは知っていましたが…。
あれを自分でできるとは、大発見でした!!
ちなみに、収穫ワカメの食べ方は干さずにさっと湯がくだけ。茶色いワカメがあっという間に緑に変わり、磯の香りが広がります。新玉ねぎ&だし醤油で食すと最高・春の味覚でした。メカブももれなくついてくるから二度嬉しい。

海からおすそわけでヒジキもいただけるそうです。ウニやナマコもいましたよ!びっくり。
本当は適期3月とのことです。実家茅ヶ崎の海は砂場なので釣りでもしないかぎり素手で収穫はあり得ません。
「奥が深いぞ葉山」第二弾でした。
Posted at 06:32 | 葉山風景 |
2010.05.15

山の自然

P1060768_convert_20100515051241.jpg昨日はひとだかりの庭の話でした。今日はひっそり山の話です。
車で15分、こんな近所にこんな絵にかいたような春の山があったなんて驚息でした。
新緑眩しく、オタマジャクシやアメンボたくさん、野生のアザミやフジが満開です。
田んぼのあぜ道をいくと、ひんやり冷たい沢があります。カニたくさん。
奥が深いな~葉山。五月の風景でした。
Posted at 05:30 | 葉山風景 |
2010.05.14

ひとだかりの庭

ガーデンショー第12回国際バラとガーデニングショーのため片道3時間かけ所沢へ。24㎡に切り取られた庭を見るひとだかりとカメラの嵐に正直疲れました。

「いい風景をバックに自分の(!)写真を撮り、仲間と品評おしゃべりを繰り広げ、幕の内弁当を食べ、即売会でお土産にバラを買って帰る」という…。これは「ガーデン」というより観光地の旅行気分なのか!と気づいたら合点しました。
ということで、「毎日の暮らしを楽しくする庭」がいいと考えるアクセンツにはちょっと違うようです。残念。

日本バラ会のご厚意で入場させて頂きました。バラ審査の見方を教えていただき、為になったこと収穫。
Posted at 04:59 | 東京風景 |
2010.05.13

庭で収穫-2

P1060619.jpg以前かわいいイチゴの花を紹介しました。 5月7日 庭で収穫

予想以上に反応頂き恐縮です、詳しくはこのようになっています。
植付方向、深さなど本来はもっと厳密に行うべきです。(←言い訳)

これくらいの果実が、もう少しもう少しと言い続け毎朝眺めて待つこと三日、
真っ赤にふっくらみずみずしい朝摘みイチゴとなります。
少しずつ毎日食べられる大好きイチゴということでチビッコにも大好評な苺畑です。

青いものはまだ甘くないよと言っても、待ち切れずに摘もうとする二歳児。
自分で摘んだ青い実を「どうしようか」という顔で眺めているので
「責任もって自分で食べなさい」と無理に口に入れたら
その後二度と青い実は摘まなくなりました。
かなりまずかった模様(笑)。
Posted at 05:45 | 葉山風景 |
2010.05.11

時間をかける

P1060730_convert_20100515051426.jpgお引渡後3年経ったお庭を訪問させていただきました。
多様なグランドカバーの素晴らしさにただただため息です。

体力的に遠出の旅はもう無理だから、その分お庭に時間をかけて過ごしたい、
毎日を旅行気分で眺められる庭が欲しい・・・・というご希望でした。

それからお打合せ、施工、お引渡となり三年、
タツナミソウやシャクナゲが咲くひっそりと落ち着いたこもれびの庭になっていました。

前から庭にあった御影石や臼石を据え直すことで再利用するご提案をしました。
今まで愛したなじみの雰囲気も取り入れつつ非日常と日常の境目の庭として機能を果たしています。

いつも明るいお施主様は闘病中であることをお引渡後に知りました。
次の季節の庭を大切に待ちわびることが、病気とうまくお付き合いすることのお手伝いに少しでもなればと思います。
Posted at 06:23 | 施工例 |
2010.05.08

葉山と逗子で配布中

fmmaga
葉山にラジオ局があります。
その昔、今はパリにすむ女優を主役にした映画がありました。ミニFM局設立と恋と友情と湘南というあらすじ。べたです。でも流行りました。
そして本当にできちゃったのがこの湘南ビーチFM・ヨットマリーナの隅っこにある小さなラジオ局です。葉山とその隣街しか聴けないけれど、でも代表は木村太郎氏、そして季節ごとに発行されるマガジンの表紙は鈴木英人氏と小さいながらも豪華です。

今回はガーデン特集ということで私たちも取材を受けました。「床の間ガーデン」とぽろっと私が漏らした言葉を素早くライターさんがキャッチし、変なタイトルとなりましたが中身は真剣です。
葉山逗子の様々な店頭にて無料配布中です。どうぞご覧ください。

そしてこのネタで、今週末ラジオ局から呼び出しが…。
庭についてラジオで語ることになりました。5月22日16時~です。
少ししゃべります。どきどき。最近はPCで聴けるからさらにどきどき…。
Posted at 13:08 | 掲載 |
2010.05.07

庭で収穫

201004061142000.jpg庭のイチゴが花盛りです。
去年はプランターで育てたイチゴ、それなりに実がなり楽しめたことに気を良くし
今年は庭先に木枠で「イチゴの段々畑」を作ってみました。

クリスマスケーキを飾るイチゴ、本当は初夏の果物なのですね。
肥料のみ消毒なしの安心イチゴが庭先で採れるなんて素晴らしい!
朝露残る採れたてイチゴはぷっくらとみずみずしく、香りも味も凝縮されたおいしさ、格別です。

一日の始まりに毎朝手のひらにご褒美を頂ける気分です。

パックで買うイチゴがしなびて見えるようになるから不思議。
白い花がとよのかイチゴ、赤い花のイチゴもウエッジウッド風でお気に入り。(でも実は小さい…)
うちの庭に訪れ一生懸命お仕事に励むミツバチもかわいい。
Posted at 04:44 | 葉山風景 |
2010.05.06

春の風物

P1060625_convert_20100508071128.jpg
葉山町御用邸に面した海へと続く砂の小坂道。
煙がもくもく、近づくと
海から採ったひじきをその場で蒸していました。

ドラム缶と廃材の材木とおばあちゃん、
春の葉山の海岸でした。
Posted at 07:07 | 葉山風景 |
2010.04.25

くつろぎ空間

P1060486_convert_20100508174856.jpg
リビングにつながるウッドデッキが完成です。
パーゴラには将来ブドウが絡まる予定!(今年はビギナーなのでまずはゴーヤをお薦めしました)

レモンやフェイジョアなど楽しい実のなる木が生垣になっています。
デッキ床の穴に植えたヒメシャラは白い花とやわらかい木陰をベンチに落とします。

隣家とのプライバシーを保つ二段構成のウッドフェンス、部屋を望むかたちで配した二つのベンチ、
風を感じる部屋がリビングルームと続くようもうひとつ出来ました。

夜にはキャンドル灯してさらに雰囲気が変ります、
ライトアップした樹木を眺めるもよし、ベンチで夜風に吹かれて湯上りビールなんて最高ですね!

広くはないデッキですが、毎日を楽しむ空間には大活躍です。
庭のある生活のお手伝いが出来ればなによりと思い、
それぞれのライフスタイルに合わせて色々なお庭の設計していきます。
Posted at 17:45 | 施工例 |
2010.04.19

デッキ塗装

P1060270_convert_20100508173125_20100508173352.jpgアクセンツのスパルタは有名です。
基本的には楽しいDIYの庭作りを応援します。
そうすることで より一層お庭に愛着を持っていただき楽しんで頂けると信じます。

しかし、施工途中にデッキ材木の塗装に参加したがる奥様は貴重です。

素晴らしい!

素敵なエプロンに塗料が付かないかハラハラしつつも 楽しく傍観した私でした。

きっと完成後も楽しくデッキの塗装してくれるに違いありません!(←プレッシャー)

Posted at 17:34 | 施工風景 |
2010.04.18

緊張する

P1060261.jpgP1060318_20100507064941.jpg
藤沢にウッドデッキをつくります。
美人なネコと母娘達(お施主様)の熱い視線を感じつつ、
気にしないふりをしつつカッコつけて作業している職人さん達です。
(そして施工風景を携帯電話でブログにUP!やわらかな雰囲気そのままのお施主様のブログこちらにお庭のこと)

Posted at 06:17 | 施工風景 |
2010.04.16

庭の気配り

P1060238.jpgP1060242.jpgオランダ大使ご夫妻の家で見つけたもの 二点。

左)「止水栓と量水器」を隠す木のふた。この気持ちよくわかる。
  庭の中でも目立つので設計者泣かせです。しかも玄関前等邪魔な場所に多いです。
右)「カエル注意」の看板。麻布の都会にもカエルいるならうれしい。  
Posted at 06:36 | 東京風景 |
2010.04.15

チューリップ

P1060234.jpg

オランダ大使館のお庭特別公開に参加。
かの有名なキューケンホフ公園
デザイナーの手による植栽です。

淡い色合いのチューリップを混植したやわらかい花壇でした。

バケツで球根を混ぜ、豆まきのようにバラまき、
着地したところに修正なしでそのまま植えるというからびっくり。 
Posted at 06:17 | 東京風景 |
2010.04.10

鎌倉お引渡

竹林で有名な鎌倉報告寺近くのお庭お引渡です。4世代にわたり大切に引き継がれていく庭、
温室の面影やバーベキューなど打合せ中もたびたび楽しい思い出話になりました。

外国人の家族も加わり赤ちゃんも誕生し、新しい思い出がさらに増える庭に改装。
ご家族の歴史に沿ったイギリスと鎌倉を融合したお庭です。宿根草中心に100種ぐらい?
畑の夢膨らむお父さん、すでにシャベルを持って作業を始めるお母さん、水やりに気を配るイギリス出身のご主人、通訳しながら丁寧にメモをとる母、そしてご機嫌赤ちゃん、
豊かな個性がどう庭に反映するか?これからが楽しみなお庭です。

それぞれにアクセンツスタッフがひとつひとつの植物の手入れを説明している様子です。
御引渡からが庭のスタートである好例です。熱心なご家族でこちらもうれしいお庭でした。
Posted at 03:05 | 施工風景 |
2010.04.05

千葉現場80%

P1060162.jpg気温3℃ 寒い雨の続く中 職人さん頑張ってくれました。

細かく型枠を組んで、ミキサー車作業して、3日養生して、枠バラしました。

あぁ ここに落書きしたい。
私(設計者)がそんなことしたら職人さん怒るだろうなぁ…。
線路 とか すごろく とか したら楽しそうだなぁ。

と 現実逃避して寒さを忘れる 現場管理の日々、3月下旬。

Posted at 10:37 | 施工風景 |
2010.04.04

千葉現場50%

2010032711240000_20100507070557.jpg
ぼさぼさのカイズカイブキ生垣を撤去し大量の残土を搬出し、
ようやく形が見えてきました。コンクリート(を流し込むための)木枠です。

施工前
P1050732.jpg

Posted at 09:02 | 施工風景 |
2010.04.03

千葉現場10%

201003241413000.jpg201003231120000.jpg多くの方が ご自宅の庭から大量の土が搬出されることに驚きます。
単純計算で、コンクリート5㎡敷くのに厚さ20㎝程の土を掘り下げます。
これでつまり1m3です。ちなみに1m3=1.6トン換算です。
4tダンプトラックに積めるのはせいぜい2.5m3とされています。

土は予想より多くて重くて大変なのです。

既存樹木の伐採抜根も予想より大変です。チェーンソーで潔くバサバサとカットです。
Posted at 08:21 | 施工風景 |
2010.04.02

パワーショベルの秘密

201003231015000.jpg千葉幕張の現場です。遠路はるばるアクアラインで潮風うけて重機が到着しました。
パワーショベルは一般公道は走行できません。トラックに乗っかっての登場です。
荷台から足場板を敷き、細いスロープを下り着地です。

男の子の人気者、働く車の筆頭ですが、
楽しく簡単そうに見えるパワーショベル操縦は実はとても難しい!

Posted at 16:57 | 施工風景 |
2010.04.01

ごあいさつ

boygirl.jpg庭のある生活の楽しさをお届けするaccentsアクセンツ
湘南・葉山の気候風土を演出するガーデニングの造園設計施工チーム・設計担当です。

このたび、WEBにありました日記を今後はついにブログにすることとなりました。

《あなたのなんとなくをカタチにします》これがアクセンツの合言葉
毎日が楽しくなるコツ つまり「生活のアクセント」をちりばめていきます。

湘南・葉山の風景を庭作り設計者の立場から業務日報込みでお伝えできれば幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 コヤマ
Posted at 06:33 | はじめに |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。